未分類

弾道ミサイル落ちたらどうする?排他的経済水域(EEZ)とは?

 

弾道ミサイルが話題になっていますね。

今回は弾道ミサイルについてまとめていきたいと思います。

弾道ミサイル落ちたらどうする?

弾道ミサイルは極めて短時間で我が国に着弾することが予想されるため、避難行動の時間が限られることから、速やかに以下のような状況に応じた避難行動を取る必要があります。

【屋外にいる場合】
ミサイル着弾時の爆風や破片などの被害を避けるため、近くの建物の中か地下に避難する。

【建物がない場合】
ミサイル着弾時の爆風や破片などによる被害を避けるため、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

【屋内にいる場合】
爆風で壊れた窓ガラスなどで被害を受けないよう、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

引用元:内閣官房 国民保護ポータルサイト

ミサイルによっては発射から10分以内にくるものもあるようです。

なるべく早く避難することが大切なようですね。

 


排他的経済水域(EEZ)とは?

 日本政府は4日、中国軍が発射した弾道ミサイル5発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとして、外交ルートを通じて中国側に強く抗議した。森健良外務事務次官が記者団に明らかにした。

引用元:KYODO

5発落下は不安になりますね。


 

排他的経済水域(EEZ:Exclusive Economic Zone)とは、漁業ぎょぎょうをしたり、石油などの天然資源てんねんしげんを掘ほったり、科学的かがくてきな調査ちょうさを行ったりという活動を、他の国に邪魔じゃまされずに自由に行うことができる水域です。海に面している国は、自分の海(領海りょうかい)の外側そとがわに決められた幅はばを超こえない範囲はんいで排他的経済水域を設定せっていすることができます。海に面している国は、これらの活動を行うほかは、排他的経済水域を独ひとり占じめしてはならないことになっています。たとえば、他の国の船が通ったり、飛行機ひこうきが上空を飛とんだり、他の国が海底かいていにパイプラインを作ったりすることを禁止きんしすることはできません。

引用元:外務省



まとめ

いかがでしょうか。

  1. 排他的経済水域(EEZ:Exclusive Economic Zone)とは、漁業などの活動を、他の国に邪魔じゃまされずに自由に行うことができる水域でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

横浜流星が広瀬すずと電撃結婚?2022年最新の歴代彼女・元カノまとめ 甘いマスクで人気の横浜流星さんが話題になっていますね。 今回はそんな横浜流星さんについてまとめていきたいと思います。 横...