芸能

サル痘のビルゲイツのシミュレーションとは?読み方は?

サル痘が話題になっていますね。

今回はそんなサル痘についてまとめていきたいと思います。

サル痘のビルゲイツのシミュレーションとは?

2020年3月11日にWHO(世界保健機関)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を「パンデミック」と宣言してから、間もなく2年が経とうとしています。そんな中、いまだ終息していないにもかかわらず、既に「また起きる」と警鐘を鳴らす人物がいます。

それは、マイクロソフト社の共同設立者である、ビル・ゲイツ。彼は、現地時間2022年2月18日(金)から22日(日)にドイツで開催されたミュンヘン安全保障会議で、「われわれは再びパンデミックを体験することになる」と明言したのです。さらに、「次はまた、違う病原体になるだろう」とゲイツは記者団に語っています。

今回のパンデミック当初より、彼はワクチンの重要性を訴えたり、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団を通じてCEPI(Coalition for Epidemic Preparedness Innovations)に1億5千万ドルを寄付するなどして、この驚異的な感染症に対してフォーカスし続けてきました。そうしてこの2年間に学んだこと、さらに次に同じようなシチュエーションが起きたらどう応用できるか? また、どう応用すべきかをつづった新著を、このたび発表したのです。

新著発表に伴って公開された動画の中で彼は、「われわれが望むほど、このパンデミックの終焉に近づいてはいない。が、われわれはパンデミックの再発を阻止する方法について多くのことを学んだ」と述べています。

つまりゲイツは、「私たちは来るべきものに備えることができる知恵を得てきたのだから、次はその知識を素早く実践すべきだ」と、全地球の人類および各政府に対して釘を刺してるのではないでしょうか。

また、ミュンヘン安全保障会議では、「すべての国がオーストラリアがやったようにすれば、次のパンデミックは抑えることができるはずだ」と、ゲイツは話しています。オーストラリアは2020年3月20日に国境を閉ざすとともに、各州においても徹底した封鎖措置の対応を行ってきました。

長年続けているブログ「ゲイツ・ノーツ(GatesNotes)」への投稿で明かれたビル・ゲイツの新著『How to Prevent the Next Pandemic(次のパンデミックを防ぐ方法)』と題されたこの本は、ペンギン・ランダムハウス(Penguin Random House)社から出版されます。発売は2022年5月で、Amazonでは上記のように予約受付中です。※日本語版の出版に関しては、現在わかっていません。

「新型コロナウイルス感染症が生み出した苦しみを目にするたびに、最新の死者数の記事を読むたびに、職を失った人の話を聞くたびに、廃校となった学校の前を通るたびに、『もう二度とこんなことが起こらないように手を打たなくては』と思わずにはいられません」と述べています。

ゲイツはこの『How to Prevent the Next Pandemic』において、現在の科学的知見とゲイツ財団での自らの経験をもとに、将来のパンデミックを阻止するための具体的な対策だけでなく、世界中のすべての人により良い医療を提供するための方法を、本の中で示しています。

さらに、バイデン政権の首席医療顧問アンソニー・ファウチや世界保健機関事務局長のテドロス・アダノムのような公衆衛生のリーダーたちとの対話から生まれた知見、ウイルスの拡散を遅らせているワクチンに関する彼の意見について、そして、ネット上でささやかれる陰謀説にも言及しています。

「世界各国が力を合わせ、同時に民間と手を組めば、新型コロナウイルス感染症の大災害を防ぐだけでなく、インフルエンザを含むすべての呼吸器疾患をなくすことができる」と、本の裏表紙には書かれています。

ビル・ゲイツの未来予知能力の高さを考えれば、「彼の話は極力考慮すべきこと」と言えるはず。

「正しい選択と投資を行えば、今回の新型コロナウイルス感染症を“最後のパンデミック”にすることができるはずです」と、ゲイツはこのブログを締めくくっています。

引用元:Esquire

どうやらビル・ゲイツは新しくくるパンデミックについて日々研究していたようですね。そしてその新しいパンデミックというのがサル痘ではないかと話題になっています。

真相は正直わかりませんが、興味深いですね。

マイクロソフトの共同創業者のビル・ゲイツは2月8日、「新たなパンデミックを防ぐための本を執筆した」と、自身のブログで発表した。ビリオネアで慈善活動家の彼は、新型コロナウイルスを最後のパンデミックにできると信じている。

ゲイツの新著『How to Prevent the Next Pandemic(次のパンデミックを防ぐ方法)』は、米国ではクノッフ(Knopf)社、国際版はペンギンランダムハウス社から5月3日に発売予定という。

自身の財団を通じてワクチンの研究や健康問題への取り組みに資金援助を行っているゲイツは、今回の著作で、新型コロナウイルスのパンデミックから学んだ知見を用いて将来の別のパンデミックを防ぎ、世界中の人々によりよい医療を提供するためのステップを解説したと述べている。

この本ではさらに、米国の感染症対策トップのアンソニー・ファウチ博士や世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長などの保健分野のトップリーダーとの対話から得られたエピソードも紹介したという。

ゲイツはまた、彼がマイクロチップを人々に注入するためにワクチンを奨励しているなどの荒唐無稽な陰謀論の対象となった経験についても、この本のテーマにしたと述べている。

「これ以上パンデミックを起こさないという目標は野心的なものだが、この2年間の進歩は、すでに成功への道筋に向かっている」とゲイツはブログに書いている。「世界の人々は、いかに真剣にパンデミックに取り組むべきかを理解しており、その事実が私たちの味方だ」と彼は述べている。

フォーブスの試算で1326億ドル(約15兆円)の資産を保有するゲイツは、世界で4番目の富豪とされている。

ゲイツが別れた妻とともに設立したビル&メリンダ・ゲイツ財団は、ワクチン開発を支援し、モデルナやアストラゼネカに資金を提供している。ゲイツは長年にわたり、パンデミックへの対応とワクチンの研究の改善を提唱してきた。

 

引用元:Forbs JAPAN

世界トップレベルの富豪が言っていると思うと非常に説得力がありますね。



サル痘の読み方は?

「さるとう」と読むようです。

少し読み方に注意しますよね。


まとめ

いかがでしょうか。

  1. ビル・ゲイツは次の新しいパンデミックが来ることを予測していた
  2. サル痘の読み方は「さるとう」

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

橋本マナミの夫はモラハラ?旦那は年収1千万超えで子供は?【画像】橋本マナミさんが話題になっていますね 今回は橋本さんの旦那と子供についてまとめていきたいと思います。 橋本マナミの夫はモラハラ?...