芸能

昭恵夫人と森永乳業森永製菓との関係は?安倍さんとの身長差は?【画像】

 

昭恵夫人が話題になっていますね、

今回は昭恵夫人についてまとめていきたいと思います。

昭恵夫人と森永乳業森永製菓との関係は?

本名:安倍昭恵(あべあきえ)※旧制 松崎

生年月日:1962年6月10日(2022年で60歳)

出身地:東京都

 

安倍昭恵夫人の父親は、森永製菓の4代目社長を務めた松崎昭雄さんです。

森永製菓といえば、日本を代表するお菓子メーカーですね。

そしてグリコ森永事件も思い出されます。

安倍昭恵夫人はそんな大企業の長女として1962年に生まれました。

ちなみにグリコ森永事件は1984年3月の出来事でした。

この時昭恵夫人は22歳でした。

 

森永製菓は安倍昭恵夫人の母方の曽祖父の森永太一郎氏によって創業されました。

森永製菓は創業当時は森永太一郎氏と、2代目社長となった松崎半三郎氏との共同経営から始まったそうです。

後々に、森永家と松崎家は、昭恵夫人の父親と母親の結婚によって親戚関係となっています。

つまり、昭恵夫人の母方の先祖は森永製菓の創業者。

そして昭恵夫人の父方の先祖は森永製菓の共同経営者だった松崎半三郎氏に繋がります。

ちょっとややこしいかもしれませんが、安倍昭恵夫人は生粋のお嬢様ということですね。

森永製菓を創業した昭恵夫人の曽祖父はアメリカに留学をしたときに洗礼を受けたクリスチャンでした。

帰国後に森永製菓を創業されています。

曽祖父の影響でしょうか、安倍昭恵夫人もミッション系のスクールに通っています。

安倍昭恵夫人は子供の頃は、おっとりとした性格であまり目立たなかったそうですよ。

今の昭恵夫人からは想像もつきませんね。

安倍昭恵夫人の家系図

 

【森永家】

初代社長

森永太一郎(昭恵夫人の母方の曽祖父)

三代目社長

森永太平(昭恵夫人の母方の祖父)

森永恵美子(昭恵夫人の母親)

 

【松崎家】

二代目社長

松崎半三郎(昭恵夫人の父方の曽祖父)

松崎一雄(昭恵夫人の父方の祖父)

四代目社長

松崎昭雄(昭恵夫人の父親)

 

森永恵美子さんと松崎昭雄さんの長女が昭恵夫人となます。

昭恵夫人は二人兄弟で弟さんの松崎勲さんがおります。

昭恵夫人の弟の松崎勲さんは森永製菓の次期社長とも言われているようです。

 

そして安倍晋三首相と昭恵夫人の間にお子さんはおりません。

不妊治療を試みたり、また養子縁組の検討など子宝に恵まれずに悩んだことを「文藝文春」のインタビューに答えています。

とても無念だったことが想像つきますね。大企業の森永製菓の長女として生まれた昭恵夫人。

想像するに凄い学歴をお持ちかと思いきや、意外にも専門学校が最終学歴のようです。

昭恵夫人の学歴を見てみましょう。

前にも述べましたが、森永製菓の創業者である昭恵夫人の曽祖父はアメリカで洗礼を受けたクリスチャンでした。

昭恵夫人も幼稚園からミッション系のスクールに通っていました。

 

  1. 聖心幼稚園
  2. 聖心女子学園初等部
  3. 聖心女子学園高等部
  4. 聖心女子専門学校

 

安倍昭恵夫人が大学に進学していないことが意外ですが、実は昭恵夫人は勉強が大嫌いだったそうです。

高校では、テニス、ゴルフ、スキーとスポーツに熱中していたそうですが、勉強はからっきしで高校の先生からも大学は無理と言われる程だったそうです。

 

昭恵夫人は高校卒業後は専門学校に進まれて、その後は電通に就職をされています。

電通では新聞、雑誌部に所属していたそうですよ。

電通の社員に当時の昭恵夫人については、仕事ぶりは殆ど覚えていないけれど、お酒の席では明るく宴会部長のような存在だったと言う声が聞かれるようです。

この頃から既に天真爛漫な性格が垣間見えていたようですね。

ちなみに、安倍晋三元総理大臣と昭恵夫人が出会ったのは昭恵夫人が電通時代のことで、昭恵夫人は電通を寿退社されています。

 

誰もが知る日本を代表する大企業の長女として何不自由なく育った昭恵夫人。

勉強が大嫌いで最終学歴は意外にも専門学校でした。

そんな勉強が大嫌いというエピソードからも安倍昭恵夫人の自由気ままな性格が垣間見えるようですね。安倍昭恵夫人の生い立ちから家家系図と学歴についてまとめました。

森永製菓の長女として恵まれた家庭環境に育った昭恵夫人。

総理大臣夫人として申し分のないお家柄でしたね!

1899年8月、洋菓子の製法を身につけた森永太一郎氏が米国から帰国し、東京・赤坂溜池にわずか2坪の菓子工房を建て、森永西洋菓子製造所の看板を掲げた。

創業から6年後の1905年、大きな転機を迎えた。元駐日米公使アルフレッド・バック氏の妻に相談して、羽をはばたかせ大空を翔るエンゼルを商標にした。エンゼルマークは好評で、太一郎氏は「これでいこう」と決めた。

同年、10歳年下の松崎半三郎氏を支配人に招いた。このとき松崎氏は「あなたは製造に専念し、私は営業に専念すること」「個人商店では限界があるので、近い将来、株式会社に改めること」という条件を出した。約束に従い、1910年に株式会社森永商店を設立。2年後に森永製菓に改称した。「製造の太一郎」と「販売の松崎」のコンビにより、森永のお菓子はエンゼルの翼に乗って大いに売れた。「森永翁と私とは、表と裏、形と影の関係であった」――。松崎氏は晩年、2人の関係をこう語っている。

両家が縁戚関係になるのは孫の代だ。太一郎氏の孫、恵美子氏と松崎氏の孫・昭雄氏が結婚した。草創期のパートナーであった森永・松崎両家は血縁で結ばれた。昭雄・恵美子夫妻の長女、昭恵氏は、安倍晋三首相の夫人になる。奔放な行動で知られる昭恵氏は、森友学園が新設する予定だった「瑞穂の國記念小學院」の名誉校長に就いていたことが明るみに出て、いまやスキャンダルの渦中の人となった。ファーストレディーは、実は森永・松崎両家の固い絆の結晶なのである。

引用元:Business journal

森永乳業は森永製菓が設立した日本練乳が前身のようでした。

森永乳業は1917年に森永製菓が設立した日本練乳が前身。20年に製菓と合併後、49年に森永乳業として分離独立した。55年に森永ヒ素ミルク中毒事件が起き、森永乳業が乳業トップの座を滑り落ちた。だが、それだけではなく、グループ企業である森永製菓の菓子の不買運動にまで発展し、森永製菓の経営に大打撃を与えた。これが、森永製菓が森永乳業に不信を抱くきっかけとなった。
さらに、関係を悪化させたのが、創業家の扱いの違いだった。ヒ素ミルク事件以後、乳業では森永家以外の人物がトップに就いてきた。事態を収拾し、再建を果たしたのは大野勇氏だ。森永乳業の“中興の祖”と呼ばれている。

85年、勇氏の二男の大野晃氏が乳業の社長に就き、世襲した。だが、昭雄氏が「オーナー家でもないのに、なぜ(世襲)なのだ」と異論を唱えた。これに対して晃氏は「製菓でも番頭の松崎が社長になっているではないか」と反発したという。このことが両社の感情的な軋轢を生み、現在に至るまで解消されていないのだ。

引用元:Business Journal

記事に書いていましたが、もしかしたら両社に軋轢があるのかもしれませんね。




昭恵夫人と安倍さんとの身長差は?

安倍晋三さんの身長が175cmで昭恵さんが168cmなので、7cmの差ということになります。

二人共高身長でした!




まとめ

いかがでしょうか。

  1. 昭恵夫人は森永製菓の社長令嬢だった
  2. 安倍晋三さんと昭恵夫人の身長差は7cm程

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後も昭恵さんを応援していきたいですね。

安倍晋三元総理が岡山で応援演説したかわいい小野田紀美さんとは? 安倍晋三元総理が話題になっていますね。 今回はそんな安倍さんについてまとめていきたいと思います。 安倍晋三元総理が岡山で...