未分類

ティッシュペーパーをトイレに流してしまった対応3選!流すのはだめ?

ティッシュペーパーを買うとトイレに流してはいけないという表記のあるものがほとんどですよね。

そこで今回はトイレに流してしまった後の対処法と流してはだめな理由についてまとめていきたいと思います。

ティッシュペーパーをトイレに流すのはなぜだめ?

トイレットペーパーは、水に流されやすいように1枚で構成されています。
また、パルプ繊維の品質が不安定なことが多いため、簡単に流れるようにできています。

一方で、ティッシュは2枚重ねで構成されており、湿潤紙力増強剤が施されているなど水に溶けにくい性質があります。
このようにティッシュとトイレットペーパーは作りや性質が違います。そのため、ティッシュをトイレットペーパーのようにトイレに流してしまうと詰まりを引き起こしてしまうのです。

ティッシュは少量であっても詰まりの原因になります。1枚~2枚に小分けして流したとしてもトイレの水流が弱かったりすると詰まりを引き起こすことがあります
トイレットペーパーを切らして、どうしてもティッシュの使用が必要な場合は仕方ないですが、日常的に使うのはやめましょう。

 


ティッシュペーパーをトイレに流してしまった後は?

まずは、時間をおいて様子を見ましょう。ティッシュの量が少量であれば時間を置くことで解決するケースがあります。
しかし、ティッシュは溶けにくいため、長時間待つ必要があります。
この間はトイレも使えなくなるので、早く詰まりを解消したいのであれば、他の方法を試すのがおすすめです。

①お湯を流す

次は、お湯を流してティッシュを溶かす方法です。ティッシュはお湯に浸すとふやけて柔らかくなるため、詰まりの原因を解消してくれます。
しかし、お湯を使う方法には注意が必要です。扱うお湯の温度は40℃~60℃になるように注意しましょう。

トイレ製品を扱うTOTOのHPには、陶器に熱湯を注がないようお願いしています。
加えて衛生陶器に熱湯を注ぐとその部分が急激に膨張を起こし、表面にひびが入る可能性を説明しています。
メーカーからも注意がされているので必ずお湯の温度は守りましょう。

②薬剤を使う

お湯を使っても解決できない場合は、薬剤を使ってティッシュを溶かしましょう。
ホームセンターで販売されているパイプクリーナーや液体の食器用洗剤を使えば簡単に溶かすことができます。
また、自宅に重曹と酢があるなら自作でパイプクリーナーを作ることも可能です。

 

作り方は簡単でバケツの中に重曹と酢を2対1で配合するだけでできます。無駄にお金をかけたくない方にはおすすめです。
薬剤を入れる方法は、40℃~60℃のお湯を一緒に入れることでさらに溶けやすくなるのでぜひ参考にしてみて下さい。

③ラバーカップを使う

詰まりの症状が深刻ならラバーカップを使いましょう。
ラバーカップのゴムの部分を便器の中に入れたらゆっくり押し込みます。これ以上押し込めないところまで押し込んだら勢いよく引っ張りましょう。この動作を何度も繰り返すことで詰まったティッシュを取り出すことができます。


まとめ

いかがでしょうか。

  1. 詰まりを起こしてしまう可能性が高いのでトイレに流さないようにしましょう。
  2. 流してしまった後はお湯や薬剤やラバーカップがおすすめです。

※あくまで対応については自己責任でお願いいたします。

今後も役立つ情報を発信していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

紀平梨花さんオーサー・コーチとの解消報道!応援ブログに真相ある?紀平梨花さんが話題になっていますね! そこで今回は紀平梨花さんについてまとめていきたと思います。 紀平梨花さんオーサー・...