芸能

葛城ユキの事故原因は?夫はいる?死因は癌だった?

葛城ユキさんが話題になっていますね。

今回はそんな葛城さんについてまとめていきたいと思います。

葛城ユキの事故原因は?

実は1983年に緊急入院をしています。

ボヘミアンの大ヒットによりテレビで大人気でしたが、ツアー中に青森県八戸市で腹痛を訴え緊急搬送されています。

原因が腹膜炎だったとわかり、東京で手術をすることになりました。



葛城ユキの夫はいる?

 

入院した病院にマスコミがかけつけるとなんとびっくり!表札の名前が違っていました。

「田中小夜子」が本名なのに違う名字になっていたんです!

1979年に一般のサラリーマンの方と結婚していたようでした!


葛城ユキの死因は癌だった?

ハスキーボイスとともに「ボヘミアン」のヒット曲で知られる歌手の葛城ユキ(かつらぎ・ゆき、本名・田中小夜子)さんが27日、腹膜がんのため、都内の病院で死去した。73歳。昨年4月にステージ4の腹膜がんと診断され、直後に入院。2度の手術を受け、入院は当初の予定より長引き、10カ月に及んだ。今年5月17日に1年1カ月ぶりの復活ステージに立ったばかりだった。

関係者によると、葛城さんは5月17日の復帰ステージの翌週に、体調が悪化。入院はせず、今月17日には本人の強い希望でユニットコンサートに出演し、昼の部では消え入るような声で「ローズ」を1曲のみ歌唱した。夜の部は歌える状態ではなく、「私の人生は感謝、感謝です」とファンや共演歌手に伝えたのが、ラストステージとなった。

その後、「数日しか生きられない」と余命宣告。27日午前9時前には、同関係者に電話をかけて「救急車を呼びました。今までありがとうございました」と“死への覚悟”を示し、約5時間後に病院で、きょうだい、マネジャーに看取られ息を引き取った。

引用元:デイリー

死因は腹膜がんのようでした。

ちょうど5月に復活ステージを行ったばかりの出来事でした。

「きょうだい、マネージャーに看取られ息を引き取った」とあるので、もしかしたらこのとき夫とは離婚か死別していたのかもしれません。

また子供の情報も公表されていなかったので、子供もいなかった可能性が高そうです。

葛城ユキプロフィール

出生名 田中小夜子(たなかさよこ)
生年月日 1949年5月25日
出身地 岡山県川上郡川上町
学歴 片山女子高等学校


まとめ

いかがでしょうか。

  1. 1983年の事故原因は腹膜炎
  2. 夫は一般のサラリーマンだった
  3. 死因は腹膜癌だった

心よりご冥福をお祈りします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

臼田あさ美の自宅は世田谷区成城でゴミ屋敷?旦那と子供もいる?【画像】臼田あさ美さんが話題になっていますね。 今回はそんな臼田さんについてまとめていきたいと思います。 臼田あさ美の自宅は世田...